FC2ブログ
Croset
日々色々収納していきます。 引き出しは多く浅く。

嵐の後の。

渋谷WWWでジェッジジョンソン。
アルバム発売を受けて晴れのワンマンです。前日から猛威を振るった台風もどうやらほぼ通過した模様。


きょうは開演が20時というナイター仕様です。社会人が余裕持って来られるようにとの事ですが、19時開場と同時に入ると1時間持て余すことになるという。
先行発売されるという昨年のワンマンライヴDVDは終演後の販売になるようで、物販に並ぶことなく会場内へ。DVDには本日限定特典で鶴田謙二ジャケ画A1サイズポスターが付くとのことで、そりゃ先に買ったらライヴ中に邪魔だよね。


ほぼオンタイム、藤戸さん以外のメンバーが定位置について音が出始めたところで真打登場。手を揚げながらセンターマイクへつく藤戸さん、黒の半袖シャツにチノっぽいボトム、裾はロールアップで靴はショートブーツ。暑いのか寒いのかどっちだ。


 KRUNK/アルター・エゴ/雨上がりの空の下で/夜をこえて
 瓦礫の森/my arsenals/Fury


前半はアルバムに準拠しつつも既存曲を噛ませたセット。
「改めまして、ジェッジジョンソンです」
ジェッジはライヴの日が台風とかにぶつかる事が多い、その割にいつも首の皮一枚で助かるという話。今回ほんとに台風11号の顔色伺いながら今日を待ったようなもんだ。
ギター大橋さんがメガネにサルエルパンツという出で立ちで、非常にお似合いでした。西川さんは半パンだし、ファッションばらばらですねジェッジ。マイマイさん穴あきタイツかっこいい、そしてかわいい。


 ドミニオン/OPUS and MAYVERSE/ふたりをつなぐもの/忘れる魔法/百年の花


あ、曲順は前後してるかもしれません。なんだか予想外の曲が混ざってきてこの辺から宇宙の法則が乱れました(笑)
「ちょっとしんみりしましたがここから先はアッパーな曲だけです! 行けるかー!」
わーい!と諸手を上げて応えるフロア。さっきもですがMC中はアルバム中のインスト曲が流れてました。


 青の連続/Tomorrow/HEADLINER OF THE YEAR/AFTER ALL


青の連続とかAFTER ALLのイントロで拍手をあおる、のを待ち構えるくらいには慣れてきたぞ。合間の曲がまた予想の斜め上でよろめきましたが。Tomorrowて!(携帯に曲順メモするときにタイトルが思い出せず暫定で「釘バット」と入力してたのは秘密です)
本編終了、マイクに「また!」と残して藤戸さん退場。メンバー全員退場するまで拍手で見送り、そのまま拍手はアンコールへ。


 ソナチネ


さっき演奏しなかった最後のアルバム曲がここで来ました。ライヴ初見だけどやっぱり単品で映えるこの曲、音と詞ですごくジェッジらしいステージが出来上がる様が綺麗。
“ありふれた日々 望む何が悪い”
劇的な言葉ではないけど、この熱量の高さ。ステージを見上げると、このやや穏やかなテンポの曲を歌ってるとは思えない強い横顔。


一旦退場してから再登場、予告していた藤戸さんによるワンマン恒例・基調公演。今後の活動内容・リリース等についての発表、持ち時間4分10秒とか言いながらも軽く倍は喋ってたような。
ステージには藤戸さんと、VJ朝倉さんが引き続きテキスト映像出しでの2人のみ。なんですかタイトルに付いてる「ジョブズ藤戸(独身)と朝倉涼(独身)の」って前置きは。みんな知ってるし(酷)


そして発表された2015年後半ジェッジの活動およびリリース内容、盛りだくさんすぎて覚えられないんでレジュメください、ジョブズ‥詳細は近日中に公式で発表されることでしょう、多分。
舞台袖で楽しそうに基調講演を見てた蓮尾さん、だんだん真顔になってゆくのが如実でした。ジョブズからの鬼のような制作指示とファイアーエムブレムがんばってください。


ジョブズといえばone more thing、再びメンバー全員を呼び込んでダブルアンコールを2曲。


 Thousands of Brave Words/Buskes


「せっかくオルタナチャート1位になったので、オルタナ寄りな曲を」
ここでサウザンズまでやるのかー! しかも札幌限定かと思ってたBuskesで締め。あの‥Vitalogyは‥(往生際)


終演は22時になる頃。
全員退場したステージに駆け戻ってきて「DVDよろしくな! あと! DVDとポスターの枚数はイコールではありません!」言い捨てて去ってゆく藤戸さんの放り投げマーケティングのおかげでか、フロアからの客退出がえらい迅速でした。且つDVDとポスターを買い求める物販列がいったん外へ出てスペイン坂まで延びてました。すげえ。


ふー、2時間のステージ満喫しました。以下思い出しメモ。
ふたりをつなぐもの、前奏時にフロアへ笑って「歌えるかー」とシンガロング促してた藤戸さん。珍しい。アンコール1回目終了時にもメンバー全員横一列で手繋ぎお辞儀とか、ジェッジではあまり見ない幕もいくつか。
青の連続、サビの“明日はもっと近づいて”のところをお客に任せるのもバンドっぽくて良いなー。


VJも全編にわたりふんだんに使われました。今回は抽象的な映像が多かったかなあ、雨上がりの空の下で、ふたりをつなぐもの、この2曲は前回見たものと同様でした(ふたり~の方はYoutubeチャンネルで公開されてるあれ)あとOPUSの、闇の中を細かい光の粒が漂い降りてゆくマリンスノーみたいな演出も、昔見たのと全く同じではないけど似てた。すごくミクロな感じがしたけど、あれフルCGなのかなあ‥
映像入りライヴの時はもうメンバーの1人みたいなセバスチャン朝倉さん、ふと見ると誰よりも楽しそうだったりする(笑/基調講演のジョブズによる映像ポン出しの合図が何故か「セバスチャン、はいドン!」でした)


AFTER ALL、途中でワイヤレスマイク落として音出なくなった時の最前列付近の客の喜びようったらもう、藤戸さん愛されてんな本当に(笑)イントロで妙な手拍子とか始めたと思ったらああもう、この人は。
あと何の曲前だったか、急に動物園のクマの如くうろうろし始めて「あーあーキョドってますキョドってます(西川さんとこで立ち止まって密談)はいギターパートがあるか確認しただけです」ってでかい独り言で解説してたりもしたっけ。ほんと藤戸さんだわ、こういうとこ。


ダブルアンコール時のメンバーお1人ずつの紹介口上、たしか「プロのギタリスト!」「みんなのお父さん!」「プロの酔っ払い!」「プロのDSゲームプレイヤー!」でした。
ぼそりと「僕だけプロじゃないんですね」と言った西川さん、フロアのどっかから「プロのお父さん」って声が上がってさもありなん。ところで藤戸さんは何のプロですか。


ド頭のMCで「デプスオブレイヤーズ‥じゃないテクニカルブレイクス・ダウナーの」って思いっきり言い間違えたのも思い出した。今思えば基調講演のことで頭の何割か埋まってたと思われます(笑)
さーて、今年後半のお財布にいくつか予定が入りましたよ。とりあえずiTunesとmoraとLINE MUSICとAWA、どれが使い勝手いいですかねー(配信リリース使い慣れてません)

コメント

ライヴ&レポお疲れさまです。

前列方面の情報を補完できました。
ありがとうございます。
間近で無いと分からないこと託さんありますよね、OFFマイクとかボトムスとか。

改めて昨夜は楽しかったですね!
新譜からは演る演る詐欺もなく、全歌出し惜しみ無しで良かったです。
ステージもツアーを経た一体感があって、何よりも藤戸さんが楽しんでる感じがしました。2階からですが。

ではでは。

※スミマセン、無記名で投稿してしまってPW設定漏れで削除できません。お手数ですが1つ前は削除願います。
【2015/07/18 11:39】 URL | マリ #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます! 昨晩はお疲れ様でした!
ステージ上もフロアも楽しそうで、ほんとに万感こもった一夜を味わえた気分です。

マリさんのレポも拝見しました。見落とし取りこぼしが色々分かってありがたいです。
2階からの眺めもバランスよく見れそうで、私も上がろうかとちょっと躊躇したのですがついフラフラと前方へ(笑)

まずは身体を休めて、つぎのライヴを楽しみに待ちましょう♪
【2015/07/18 11:56】 URL | クロコ #Yet1AZSc[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

クロコ

Author:クロコ
2006.01.23より、こちらに転居。
(2004.4.18~上記迄の旧ブログは2014.11.30付で利用ブログサービスの終了に伴い削除)
社会人/遊び人、比率は日々変動中。
サイドバーにTwitterウィジェット設置。

当ブログに何かございましたら[お知らせ]をご参照願います。

最近の記事

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

併読感謝

あわせて読みたい

ブログ内検索

リンク

RSSフィード